カイロプラクティック?
あっ、ポキッってやるやつね。

カイロプラクティックに対する印象は、ほとんどの方がこんな感じではないでしょうか?「整体・整骨院」の和訳と思われてる方も多いです。
実は、カイロプラクティックは学問的に体系化されたもので、世界的に見渡すと利用のされ方は日本と大きく違うんです。 アメリカではオリンピック選手やメジャーリーガーなどの一流アスリートだけでなく、多くのエグゼクティブから日常の体調管理を委託されていて腰や肩などの急性的な障害緩和だけでなく、広く疾患予防にも活用されている専門的な職業(その意味でドクターと呼ばれています)なのです! 近年、アメリカでの最近調査報告によると、掛かりつけ医としては今までの内科よりもむしろカイロプラクターを訪れる人の割合が多くなっています。 この傾向はもちろん、カイロプラクティックが法制化され、定着している他の国々でも同様です(カイロの業界では、ジャマイカの短距離王・ウサイン・ボルトも超のつく愛好家として知られています)。

カイロプラクティックはアメリカで生まれました

カイロプラクティック(Chiropractic)とは、もともとギリシャ語で「手」(chiro)+「技」(practic)を意味し、1895年にアメリカ・アイオワ州ダベンポートでD.D.パーマーによって創始されました。主に手を使って骨格(関節)と筋肉に直接働きかけ、神経系を介して、 生物としてのヒトが有する自然治癒力(=ホメオスターシス)を最大限に引き出し、健康を改善・維持し、病気予防を最終の目的とするヘルスケアなのです。

当オフィスでは科学的なデータに基づいて、「症状の原因」である「神経の状態」を科学的に分析して、施術します。

インサイトミレニアムとナーボスコープという九州でも数台しかない検査機器を使用して、神経の機能の問題と治療効果を客観的に確認し、科学的データに基づくカイロプラクティックケアを可能にします。患者様の腰椎、胸椎、頚椎に沿って動かしていくと機械の針が皮膚温度を測定して左右に振れます。 そのため脊柱に神経の異常(サブラクセーション)があり、神経を圧迫していると、炎症が起き皮膚の内部温度が上がるのです。この神経の問題を検査するインサイトミレニアムとナーボスコープは、久留米·佐賀地区では他に使用している治療院はございません。2006年6月、インサイトミレニアムはこの種の検査機器では世界で初めてNASAと米宇宙財団の認証を授与されました。もともと無重力状態での宇宙飛行士の背部筋変化を測定するために開発されたもので、 その後、カイロプラクティック協会がカイロプラクティックの臨床に利用できる機器に発展させたものです。ナーボスコープはインサイトミレニアムよりもより正確に神経の状態を分析する機器です。当オフィスではこの2つの検査機器を使用して、より正確に症状の原因である神経の状態を分析しデータ化していきます。

当オフィスは科学的に分析します。
料金表
コース説明
様々なお支払いに対応

当オフィスはリクルート社の「AirPay」導入で現金だけでなく様々なお支払いに対応しております。